スポーツをすることで感覚が磨かれることを学び、それは感性を豊かにしてくれることにも繋がって行きました。

スポーツに熱中できる人は素晴らしい
スポーツに熱中できる人は素晴らしい

スポーツをすることで身につくこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

子供のころの私は、物静かな性格で自己主張の強いタイプではありませんでした。のんびりとした雰囲気が好きで、慌ただしい雰囲気だと萎縮してしまいました。変化が顕れたのは中学生のときです。部活で毎日のようにスポーツをするようになって、私の性格は徐々にアクティブになって行きました。

私はバスケットボール部に入りました。それまでは、楽しくわいわいした雰囲気のスポーツしか経験がありませんでした。試合で勝つための本格的なトレーニングは初めての経験です。私は過酷なトレーニングに耐えられず部活をサボることもありました。その弱い自分を変えてくれたのは、チームのメンバーでありバスケットボールの魅力でもありました。過酷なトレーニングは、私の身体面をタフなものにしてくれました。また、少しずつですが精神面でのタフさも身について行きました。

このときの経験は、私に取ってとても大きなものだったと思います。感情を上手く表現できるようになったことで、良い具合に自己主張ができるようになりました。スポーツをすることで感覚が磨かれることも学びました。それは感性を豊かにしてくれることにも繋がり、ポジティブな考え方ができるようにもなりました。

Copyright (C)2019スポーツに熱中できる人は素晴らしい.All rights reserved.